リモートワークの僕が実践している、場所選びのコツ

どうも、こんにちは。トレヒコです。

昨日のエントリに引き続いて今回は、僕なりのリモートワークの場所選びのコツについて書いてみたいと思います。

もちろん、人それぞれ働き方や、家庭環境が違うため、正解なんてないと思います。ただ、少しでも参考にして、自分なりのリモートワークを見つけてくだされば嬉しいなと思います。

リモートワークはどこでやるのが適してる?

カフェ

リモートワークといえば、カフェでしょうね。ほとんどの場合、僕もカフェでの作業を好みます。

電源とWiFiがあるカフェだと嬉しいので、STARBUCKSやタリーズコーヒーによく出没します。ドトールもいいのですが、未だに喫煙席がある店が多く、タバコ臭いのが玉にキズ。

そういったメインのチェーン店がない場合は、 電源カフェやGooglMapで検索します。この電源カフェはユーザー登録すると電源の数まで知ることができます。

電源に気にしないときはテザリングで対応可能なので、美味しいコーヒーが飲めそうかどうかで探します。サードウェーブ系のおかげで、良い店が増えましたね。最高です。

カフェ作業のポイントなんですが、僕はなるべくオフィス街のカフェを選んでいます。茅場町や日本橋、八丁堀など、東側のオフィス街周辺のカフェは特に穴場です。

平日は、サラリーマンの出社前である朝を除いて、基本的に空いています。休日は街に人がいないので空いてます。(オフィス街すぎて、休日にやってない大型店舗もあるので注意ですがw)

(もはや住みどころとしてもおすすめです。朝に電車を使うにしても皆さんの通勤方向と逆になるため比較的電車が空いてます。夜も方向が逆になるので空いてます。休日は人がいないので快適です。)

ファミレス

最近は個人作業に適したファミレスも増えてますね。ガストは1人利用のテーブルを数多く用意していますし、すべての席に電源があったりします。

おそらく都心に多いのでしょうが、平日の日中はファミレスも閑散期なので、長時間利用しても嫌な顔されません。ドリンクバーがあるので、コスパよく作業できます。机が広いというのもいいですね。受験勉強中の学生も多く、士気があがり、集中しやすい空間になってたりします。

コワーキングスペース

コワーキングスペースはいくつか利用したこともあるのですが、固定の場所に縛られたくないのもあって、現在は契約しておりません。

WeWorkも何度か作業させてもらいましたが、あそこは別格ですね。流石に月に8万近く支払うのは気がひけるので契約には至っておりませんが、支払いに余裕のある人はWeWorkが一番オススメです。士気も上がりますし、外国人多くて楽しいですし、飲み放題かつWiFi電源が無限にあるのも最高です。会議室は高い。

以下のような大企業が提供しているコワーキングスペースは、無料のところもあるのでおすすめです。

LIFULL HUB(半蔵門)
Yahoo!LODGE (紀尾井町)

カラオケ

意外と穴場なのがこれ。

電源も使えるし、防音個室の利点をいかして、オンライン会議や営業の電話等に向いています。店提供のWiFiはありませんが、ソフトバンクのWiFiが飛んでいたりするので便利です。最悪テザリングで事足ります。なんといっても、ストレス発散で歌えるというのがいいですね。僕はカラオケが苦手なのでmusic videoをかけておくだけですが。。

その中でも、定額サブスクリプションサービスのカラ鉄ホーダイを利用するのはわりとありです。

カラ鉄放題とは?

カラオケの鉄人がこっそりやっている月額1500円のサブスクリプションサービス。iXIT株式会社の定額課金サービス「ファーストパスポート」と提携したサービス。アプリをダウンロードして月額料金を支い、受付時にアプリ画面を提示すれば、1日1回まで室料が無料になる。

時間制限はなく、事前予約の必要もない。カラオケだけではなく、休み時間や打ち合わせ、ママ会やパーティなど、ちょっと個室を利用したい機会にも活用でき話題に。

サービスはアプリを持つ本人にのみ適用。ドリンク料金が別となる。金曜・祝前日の21~23時、土曜の15時~17時・21~23時、日曜祝日の14時~17時は対象外。

自宅

もちろん夜中や早朝の作業は自宅で行っているので、自宅にも作業空間を作っています。

ただし、一人暮らしの1Kのため、誘惑も多く、なかなか集中しにくいというのも事実です。誘惑があると習慣化しにくいので、なるべく家の外に出るように心がけてます。2LDKの家に引っ越したらすぐにでも書斎を作ります。

テレビ会議をするときは、自宅以上に良い空間をまだ見つけられておりません。

これが鬼門でして。会議の基本は、場の安定なので、WiFIと静かな空間を両立させることが難しいんですよね。そのため、だいたいは自宅で済ませることが多いです。ただ、どうしても外出しているときに発生する場合は、知り合いのオフィスの会議室を借りたり、公園で済ましたり、ファミレスに行ったりもします。カラオケは個室なので最高です。

最後に

リモートワークにおける場所選びは、作業に影響を与えるので、緊急度も重要度も高い課題だと思っています。

自分の生息地周辺に、素晴らしい作業場所を見つけられるといいと思います。実は、家の近くのローカルカフェが穴場だったりするのはよくあることです。

僕は、LivingAnywhereという価値観にかなり惹かれているので、毎週何曜日は知らない土地にいって作業してみる。ということもしてみたいと思っています。

リモートワークという特権を活かして、時間にも場所にも縛られずどんどん移動し、新しい土地で活動してみることで、セレンディピティを起こりやすくしてみるのもいいかもしれません。